ニュースレター

集団力学研究所は、1975年からニュースレターを発行しています。

以下のニュースレター(PDFファイル)を読むには、Adobe Reader(無料ソフト)が必要です。
ダウンロードはこちら

最新~51|50~41|40~2120~1


50号(2006年9月)

専務理事・所長就任のご挨拶
吉田道雄 ((財)集団力学研究所所長)

杉万副所長、”フェロー”の称号を授与される
国際応用心理学会から

歴史を誇る三木会(さんもくかい)
関 文恭 ((財)集団力学研究所理事) 第54回リーダーシップ・スクールを開催

(財)集団力学研究所の新体制について

49号(2006年1月)

第3回春秋セミナー「子育ての集団力学」を開催

第53回リーダーシップ・スクールを開催

39歳の研究所(17)---サポーター群像②
吉田道雄((財)集団力学研究所副所長)

New Books
「人間教育の現場から:安藤流コミュニケーション」
安藤延男(著)梓書院 2005年11月刊行
「コミュニティのグループ・ダイナミックス」
杉万俊夫(編著)京都大学学術出版会                   
2006年1月刊行

第23回 シンポジウム「21世紀の労働と人間」

48号(2005年3月)

中国における男女出生率の不均衡について:男/女 1.20を1.07
安藤延男((財)集団力学研究所所長)

第22回シンポジウムを開催
杉万俊夫((財)集団力学研究所副所長)

三隅先生の新日本人仮説
大屋麗之助(西日本鉄道(株)相談役)

福岡県西方沖地震が直撃
中村四郎((財)集団力学研究所事務局長)

47号(2004年12月)

日本衰亡からの脱却
安藤延男((財)集団力学研究所所長)

第2回春秋セミナー「ボランティア活動と教育」開催
杉万俊夫 ((財)集団力学研究所副所長)

37歳の研究所(16):サポーター群像①
吉田道雄((財)集団力学研究所副所長)

「リーダーシップ・スクール」へのお誘い

第22回公開シンポジウムのご案内

ホームページ散策

46号(2004年3月

筑紫の万葉歌人

安藤延男((財)集団力学研究所所長)

家庭・学校・地域の機能不全を『治す』

安藤延男((財)集団力学研究所所長)

地域防災プログラムのマニュアルの意義

(大阪大学21世紀COEプログラム「インターフェイスの人文学」

2002-03年度報告書より転載)

渡邊としえ((財)集団力学研究所研究員)

36歳の集団力学研究所(15)

吉田道雄((財)集団力学研究所副所長・熊本大学教授)

(財)集団力学研究所のご案内

45号(2003年9月)

人生の短さについて

安藤延男((財)集団力学研究所所長)

職場組織をマネージする(1)

(1)態度変容・説得の心理
(2)集団活動はいつも効果的か
(3)グループ・ダイナミックス
(「婦長主任新事情」No.129、138、142より転載)
関 文恭((財)集団力学研究所副所長・九州大学教授)

職場組織をマネージする(2)

(1)看護管理とリーダーシップ
(2)看護とリーダーシップトレーニング
(3)医療事故の人間的側面
(「婦長主任新事情」No.131、140、144より転載)
吉田道雄((財)集団力学研究所副所長・熊本大学教授)

36歳の集団力学研究所(14):三隅先生の思い出

吉田道雄((財)集団力学研究所副所長・熊本大学教授)

(財)集団力学研究所のご案内

44号(2003年3月)

35歳の集団力学研究所(13)

吉田道雄 ((財)集団力学研究所副所長・熊本大学教授)

Stop the “日本崩壊”とPsycho-nomicsmics

吉田道雄 ((財)集団力学研究所副所長・熊本大学教授)

新しいグループ・ダイナミックス:その1,その2,その3

(「婦長主任新事情」No.133、134、136より転載)

杉万俊夫((財)集団力学研究所副所長・京都大学教授)

所長の旅エッセー(3):大連を訪ねる

安藤延男((財)集団力学研究所所長)

研究員通信(3):リーダーシップトレーニングで翻訳?

渡邊としえ((財)集団力学研究所研究員)

(財)集団力学研究所のご案内

43号(2002年12月)

《三隅二不二先生の想い出》

追悼 三隅二不二先生

三隅先生の思い出
  大屋 麗之助((財)集団力学研究所顧問・西日本鉄道(株)相談役)

思い遙かに
  後藤豊彦((財)集団力学研究所顧問・(株)福岡銀行相談役)

産学共同研究の先駆者:人間尊重の経営を目指して
  野瀬信一((財)集団力学研究所顧問・九州勧業(株)常勤監査役)

継承される“知の遺産”
  青木 秀((財)集団力学研究所会長・(株)西日本新聞社相談役)

故 三隅二不二先生を悼む
  安藤延男((財)集団力学研究所所長・福原学園理事長)

情熱の開拓者、三隅二不二先生
  吉田道雄((財)集団力学研究所副所長・熊本大学教授)

三隅二不二先生を偲んで
  杉万俊夫((財)集団力学研究所副所長・京都大学教授)

三隅先生の思い出
  関 文恭((財)集団力学研究所副所長・九州大学教授)

日本の同僚 三隅二不二先生を追想して
  ハロルド・ケリー(カリフォルニア大学ロサンゼルス校名誉教授)

三隅先生を想う
  バンハート・ウィルパート(ベルリン工科大学教授)

日本における恩師・三隅教授を偲ぶ
  マーク・F・ピーターソン(フロリダ・アトランティック大学教授)

我が師・三隅先生の思い出」
  陳 龍(中国科学院 社会科学院)

若き日の三隅先生の思い出
  伊藤寛道((財)集団力学研究所 元国際センター長)

天国の三隅先生への手紙
  三角 恵美子((財)集団力学研究所副所長)


42号(2002年3月)

35歳の集団力学研究所(12)風雪を乗り越えて

吉田道雄((財)集団力学研究所副所長・熊本大学教授)

集中講義による対人関係トレーニングの試み

(熊本大学教育学部紀要(人文科学)第50号より転載)

吉田道雄((財)集団力学研究所副所長。熊本大学教授)

流動沙丘を止める:内モンゴルのNGO

杉万俊夫((財)集団力学研究所副所長・京都大学教授)

所長の旅エッセー(2):旅をめぐる断章

安藤延男((財)集団力学研究所所長)

研究員通信(2)「○○とは言わない○○」...?

渡邊としえ((財)集団力学研究所研究員)

研究所ブックレビュー(2)

(財)集団力学研究所のご案内

41号(2001年9月)

34歳の集団力学研究所(11):組織安全の構築

吉田道雄((財)集団力学研究所副所長・熊本大学教授)

総論 組織の安全と人間

吉田道雄((財)集団力学研究所副所長・熊本大学教授)

組織の安全風土

吉山尚裕((財)集団力学研究所評議員・大分県立芸術文化短期大学助教授)

組織の安全風土とリーダーシップ

山浦一保((財)集団力学研究所 前主任研究員・九州大学大学院)

原子力発電所における安全風土

福井宏和(㈱原子力安全システム研究所 副主任研究員)

医療組織における安全風土

前田マスヨ ((財)集団力学研究所 研究顧問・東海大学名誉顧問)

* 以上、吉田論文から前田論文までは、『電気評論』(2001.5 第431号(第86巻第5号))より転載。

所長の旅エッセー(1):ウィーンで、『ラ・ボエーム』

安藤延男 ((財)集団力学研究所所長)

研究員通信(1)ボランティアと集団力学研究所

渡邊としえ((財)集団力学研究所 研究員)

研究所ブックレビュー(2)

(財)集団力学研究所のご案内


最新~51|50~41|40~2120~1