コミュニティ活性化

|最新~2008|


◎西日本新聞に掲載されました

「福岡市の公益法人、国文化財へ移転」

2012年1月16日夕刊

高橋邸移転

登録有形文化財 高橋邸への移転が紹介されました。


◎第28回公開シンポジウム

「新しい集団力学ー『かや』の概念」

シンポジウムの内容はジャーナル「集団力学」で公開しております。

◇日 時:平成23年2月21日(月)13:10~16:50

◇会 場:福岡国際ホール 大ホールA


基調講演:「情報土壌学 -分ける情報と包む情報-」 片井 修
京都大学 名誉教授


パネルディスカッション:「蚊帳の内そと-組織変革の視点-」
パネリスト
  水口 敬司 昭和鉄工株式会社 顧問
  村山 由香里 福岡県男女共同参画センター「あすばる」 館長
  杉万俊夫 (財)集団力学研究所 所長/京都大学 教授
コーディネーター
  児嶋 昭 ㈱西日本新聞社 取締役編集局長

 

◎西日本新聞に掲載されました

「山笠の『流』通じ都市再生研究」

2010年7月14日夕刊

山笠研究

所長 杉万俊夫の山傘研究の様子が紹介されました。


◎第27回公開シンポジウム

「コミュニケーションの集団力学 」

シンポジウムの内容はジャーナル「集団力学」で公開しております。


◇日 時:平成22年2月19日(金)13:00~17:30

◇会 場:福岡国際ホール 大ホールA


基調講演:「グローバリゼーション時代の知識経営 ―実践コミュニティづくりのコミュニケーション」 川村 尚也
大阪市立大学大学院 経営学研究科 准教授


パネルディスカッション:「今、コミュニケーションを問う…祭りと異文化に学ぶ」
パネリスト
  野田 順康 国際連合人間居住計画(ハビタット)福岡本部(アジア太平洋担当) 本部長
  上田 啓蔵 西門蒲鉾本店 代表/はかた部ランド協議会 議長
  杉万俊夫 (財)集団力学研究所 副所長/京都大学 教授
コーディネーター
 児嶋 昭 ㈱西日本新聞社 取締役編集局長


◎西日本新聞に掲載されました

「祭りと人間関係の調査 地域再生の鍵に」

2009年7月13日夕刊

山笠研究

所長 杉万俊夫の山傘研究の様子が紹介されました。


◎第26回公開シンポジウム

「戦略的マーケティングの理論と実際 ―作る人と使う人のコミュニケーション― 」

シンポジウムの内容はジャーナル「集団力学」で公開しております。


◇日 時:平成21年2月20日(金)13:00~17:30

◇会 場:福岡国際ホール


基調講演:「コミュニケーションを革新するマーケティング」 若林 靖永
京都大学経営管理大学院 教授、京都大学大学院経済学研究科 教授


パネルディスカッション:「マーケティング戦略と社会」
パネリスト
  橋本 茂宏 (株)ロフト執行役員 天神ロフト館長
  宮永 秀樹 (株)電通九州 2011室室長
  ムハマッド・カムラン・ナキ・カーンハムダード大学(パキスタン) 教授
  杉万俊夫 (財)集団力学研究所 副所長、京都大学 教授
コーディネーター
  児嶋 昭 ㈱西日本新聞社 取締役編集局長


◎平成20年春秋セミナー

「ボルドーワイン:伝統を守りつつ国際競争に勝つ経営戦略」

(財)集団力学研究所では、広く市民の方へ集団力学という学問に触れていただく機会として、毎年春秋セミナーを開催しております。今回は、フランスのボルドー・マネジメント・スクール(旧 ボルドー・ビジネス・スクール)から、経営学を専門とする女性研究者タチアナ・シャミーヴァ教授をお招きし、ご講演いただきます。


◇日 時:11月21日(金) 18:30開場 19:00開演

◇会 場:九州日仏学館5F 多目的ホール

◇内 容:

 ・講演 (英語講演 通訳付き)
「ボルドーワイン:伝統を守りつつ国際競争に勝つ経営戦略」
Tatiana Chameeva(タチアナ・シャミーヴァ)氏
ボルドー・マネジメント・スクール教授

 ・ボルドーワイン試飲


<<講演内容>>
ボルドーマネージメントスクール教授で経営学を専門とするシャミーヴァ氏が、ボルドーワイン醸造業について経営学の観点から講演いただきました。 長年の伝統を守ってきたボルドーワインの歴史から、現在行われている国際競争力を磨いてゆく経営戦略を意思決定論・知識マネジメントの取り組みまで、わかりやすく解説いただきました。また、ボルドーワインの試飲会も好評をいただきました。


H20春秋主催:(財)集団力学研究所  後援:福岡市・九州日仏学館


◎平成20年リーダーシップ養成講座

「リーダーシップ養成講座」

リーダーシップに関する実証研究を基礎に、理論と実践を結びつるために開発されたトレーニングです。自らのリーダーシップと職場の現状を把握する(See)、職場を活性化するための具体的対策を立てる(Plan)、それを実践する(Do)という3つのステップを体験していただきます。


日時:前期 平成20年9月11,12日/後期 平成20年12月11日

会場:西日本新聞会館

対象:公的機関・企業の管理・監督者、(医療機関では看護師長・主任)

参加費:25,000円(含消費税・資料費・調査分析費)


◎第25回公開シンポジウム

「メンタル・ヘルス(心の健康)」

シンポジウムの内容はジャーナル「集団力学」で公開しております。


◇日 時:平成20年2月18日(月)13:00~17:30

◇会 場:電気ビル本館


基調講演:「劇としての人生 -精神分析の劇的観点から-」 北山 修
九州大学大学院人間環境学研究院 教授、九州大学教育学部 教授


パネルディスカッション:「メンタルヘルス:こころの健康を求めて」
パネリスト
  小野丈夫 九州電力㈱ 人事労務部長
  森川友子 九州産業大学国際文化学部臨床心理学科 講師
  渡辺正幸 ビリーブ 代表
  杉万俊夫 (財)集団力学研究所 副所長、京都大学 教授
コーディネーター
  菊池恵美 ㈱西日本新聞社 取締役編集局長


|最新~2008|